Monday, July 28, 2008

superfetchの無効化

the how to geek:How to Disable SuperFetch on Windows Vista

Vistaのsuperfetchサービスは,よく使うソフトをメモリに前もってロードする.
これがロードされたアプリの起動を高速化するが,
チューニング好きやゲーマーには思わしくない動作だ.

The SuperFetch service in Windows Vista preloads your system's memory with the applications that you use most often. This makes launching of those applications much faster, but it might be an unwanted behavior for system tweakers or gamers.

superfetchを有効/無効にすることで,パフォーマンスが上がることは確かだ.
しかしもしアプリをよく開いたり閉じたりする人は,何もしない方が懸命だ.
自分の環境をよく吟味してから行う必要がある.

There's no hard evidence that enabling or disabling this service will increase performance in general, but if you open and close applications often you should definitely leave it alone. You will have to test your configuration to know for sure.

一応,私はsuperfetchを無効にするのはお進めしていない.
しかし,我々の使命として,vistaで出来る全てのことをカバーしなければいけない.

Note that I don't recommend disabling this service, but we try to cover how to do everything on Vista.

コントロールパネルの中の,サービスを開くか,
スタートメニューのサーチ窓か,「ファイル名を指定して実行」でservices.mscとタイプする.
#書いていないが,この後,「管理ツール」を選択してダブルクリックする.

Open up Services in Control Panel or by typing services.msc into the Start menu search or run boxes.

サービスのリストの中からSuperfetchをダブルクリックし,
プルダウンから「無効」を選択し,「適応」をクリックすると直ちにサービスが止まる.

Double-click on Superfetch in the list to open up the properties, and then change the drop-down to "Disabled". You can also click Stop to immediately turn it off.

このチューニングは普通のユーザにはお勧めしない.
しかし,特定の人にとっては有用だ.

I don't recommend this tweak for regular users, but somebody might find it useful.

No comments: