Sunday, December 05, 2010

アメリカ空軍のPS3スパコンが稼働

HPCwire: Air Force's PS3 Condor Cluster Takes Flight
by Tiffany Trader

Air Force Research Laboratory (AFRL)はCondor PS3クラスタの稼働を、
12/1の正式なリボンカットのセレモニーで発表した。
去年から、このクラスタが1760台のSony PS3と、168のGPGPUで構成され、
500 TFLOPSの性能と見積もられていた。
これで、Condorはスパコンランキングの50番に入ることになる。
価格は200万ドルだ。

The Air Force Research Laboratory (AFRL) has marked the launch of its Condor PS3 Cluster with a formal ribbon-cutting ceremony on December 1. Initially unveiled last year, the cluster is made up of 1,760 Sony PlayStation 3 processors and 168 general-purpose graphical processing units, providing an estimated 500 teraflops of performance. That places Condor among the top 50 of the world's fastest systems. The pricetag? A mere $2 million.

AFRLのHigh Power Computing部門ディレクタのMark Barnellは、
このシステムは2000万-4000万ドルのシステムに匹敵するという。

Mark Barnell, director of AFRL's High Power Computing, explained that comparable systems would cost at least $20 million to $40 million.

Sonyはこのシステムを、安価で売っている。
高額なゲームや、メモリースティックなどの周辺機器の売り上げと相殺するようにだ。
しかし彼らが見落としていたのは、軍や他の人がこのゲームハードウェアを
科学技術用途に使うということだ。

Sony sells the systems at a loss with the aim of recouping the money selling expensive games and gaming accessories, such as memory sticks -- but in the process they are inadvertently subsidizing the military and anyone else who wants to use the gaming hardware for scientific purposes.

これは親からプレゼントされるものではない、より目的がしっかりしているものだ。
おそらくこれは、自分のお金で入手できる、最大のスパコンだ。
AFRLは、この洗練されたゲーム機の最新のCellプロセッサを利用し驚異的なスピードを実現し、
科学技術計算に用いている。
これはいわゆるoutside-the-boxの考え方で、(計算)ミスを承知でハイパフォーマンスを実現するものだ。
しかしこのケースでは、非常によく動作しているという。
BarnellはAirman Magazineで次のように説明している。

This is not your parent's Pong, that's for sure. Instead it's probably the biggest supercomputing bang you can get for your buck. The Air Force Research Lab took a really sophisticated gaming system that uses the power of the cutting-edge Cell processor to boost speed, and put it to task running scientific applications. That's the kind of outside-the-box thinking that can lead to high success or tanking failure. But in this case, it is working out very well, as Barnell elucidates in an article at Airman Magazine:

「PS3のCellプロセッサとGPGPUを使うことで、我々は監視情報管理向けシステムを作成した。
またこれは、世界で最もパワフルなヘテロジニアスなスーパーコンピュータだ。
しかも個々のチップとサーバを使ったシステムの数分の一のコストでだ。」
BarnellはこのCondorクラスタを、DoDでもっともパワフルな「対話型」スパコンであると言う。
SmartPlanet.comのQ&Aでこう説明している。

"By using the cell processors in the PS3s and the GPGPUs in unison, we've produced a system that does a very good job at handling this kind of [surveillance] information. We've developed the most powerful heterogeneous supercomputer in the world for a fraction of the cost of building it using individual chips and servers."
Barnell has also stated that the Condor Cluster is the DoD's most powerful "interactive" supercomputer. He explains what this means in a Q&A at SmartPlanet.com:

「DoDが使うスパコンセンタを見積もると、数百万または、数千万ドルが開発にかかる。
この消費サイクルは無くしたい。
だからこれらのコンピュータは「バッチモード」と呼ばれる。
システムを常に高速で動かし、アプリケーションは慎重に扱われ、最適化されている。

From the perspective of most of the supercomputing centers in the DoD, when millions or tens of millions of dollars are invested, you don't want to waste cycles. So these computers are run in what is called "batch mode." They keep these systems running at very high levels, all of the time, so the applications that use them are carefully managed and optimized.

しかしこのコンピュータでは、このような尺度は使わない。
その最もな理由は低コストであることだ。
我々はこのコンピュータで多くの研究開発を行っているが、
最初は数ノードだけ動作させ、ソフトウェアが動くことを確認する。
その後、動作ノード数を増やす。
DoDの中に多くのユーザがいるが、
彼らがコードを開発中、ハングアップするマシンは1-2台だ。
そうなった場合、我々がリブートするまでこのコンピュータは非効率になる。

On this computer, we're not tied to these metrics, mainly because it was so inexpensive. We do a lot of research and development on this system, so we start with only a few nodes, make sure [the software] works, and scale up from there. We have a lot of users [in the DoD] who, when they're actually developing code, have a tendency to hang a machine or two. When you do that, the computer becomes ineffective until we reboot it.

言っておかなければいけないのは、Condorは古いPS3システムを使っており、
新しいスリムなPS3ではないことだ。
SonyはLinuxをもうサポートしないことを決定したので、
ファームウェアをアップグレードすると、もうLinux OSが動かなくなる。
彼らは、この強制アップグレードのせいで、修理にも出せないのだ。
Sonyはポリシーを変え、このコンピュータをサポートすることもできる。
かれらはいずれ考え方を変えるだろう。

It should be noted that Condor uses the old PS3 systems, not the new PS3 Slims. Sony made a decision not to support Linux anymore, so if the systems are given firmware upgrades, they won't be able to run the Linux OS anymore. They can't even be sent in for repair because the mandatory upgrade will render them useless to AFRL. Sony could choose to reverse the policy, and with the all the publicity around the Air Force's new wunder-cluster, they may just change their minds.

それまでは、AFRLはこのシステムを目的のアプリケーションで使う。
例えば、ニューロンAI研究、複合レーダーの強化、イメージ認識の研究などだ。
もっと知りたい人は、DVIDSのカバレージをご覧頂きたい。

In the meantime, the AFRL is using the system for targeted applications such as neuromorphic artificial intelligence research, synthetic aperture radar enhancement, image enhancement and pattern recognition research. For further details on these interesting projects, check out coverage from DVIDS.

Condorクラスタは全てのDoDユーザに共有する形で提供される。
これは少なくても10分の1のコストで構築されたシステムだ。

The Condor Cluster will be available to all DoD users on a shared basis. It uses less than one-tenth the power of a comparable system, making it cost-effective and green.

No comments: