Saturday, July 30, 2011

MonolingualでOSX Lionディスクスペースを確保


結局買ってしまいました、Macbook Air (Middle 2011)。
買ったのは一番下のモデル、メモリ2GB, SSD64GBです。(キーボードだけUS配列)

そんなスペックで大丈夫か?
いや、全然大丈夫じゃない!


しかし、予算不足で一番下位モデルにせざるを得ませんでした。
特に足りないのがSSDの容量です。空き容量が48.19GBしかない...

そこで、開封してからまずやったのが、
・iMovie, iPhoto, GarageBandのアンインストール
・Monolingualで不要な言語の削除
前者は、まずApplicationフォルダーからゴミ箱に移します。
terminalを開いて、
cd /Library/Application \Support
sudo rm -rf GarageBand
exit
これでおしまい。

後者はまず、Monolingualをインストール。
http://monolingual.sourceforge.net/
起動すると、"削除したい言語を選択せよ" と。
選択してRemoveボタンを押し、しばし待ちます。
お!971MB減ったよ。

他のTab, "Input Menu"と"Archtectures"も一応やっておきますか。
Input MenuではAppleKeyboardLayoutsとKotoeri以外を削除。
87MB減った!

Archtecturesでは、ARMとintel, intel(64bit)以外を削除
16MBしか減らないのか...

再度容量を見てみると
空き容量が50.52GBに。合計2.33GB節約できたことになります。
---追記---
おそらく3GB以上節約できます。
記事を書いた当初、

cd /Library/Application \Support
sudo rm -rf GarageBand
exit
を忘れていたので。
----------
P.S. 開封レポートは他のサイトで見れるので割愛します。

/****追記****/
Mobile (local) Timemachineのファイルを消して、さらにディスクスペースを確保する記事を書きました。
http://nahareport.blogspot.com/2011/09/osx-lion-localmobile-timemachine.html
/*************/

No comments: