Sunday, November 20, 2011

Outlook Expressのデータをwindows 7に移行する方法

従兄弟のPCが壊れ、昨日新PCにデータ移行をしました。
そこでOutlook Expressのデータ移行に苦労したので、記載します。

Outlook Expressはwindows xpを最後になくなり、
windows 7にはその後継のwindows live メールが無償で用意されています。
ダウンロードはこちらから。
インストール時"インストールする製品の選択"にし、メールだけをチェックしてください。普通にインストールすると、他のものも全部入ってしまいます。

windows liveメールは、Outlook Expressのメール形式、DBX形式に対応しています。
古い方のPCが起動できるのであれば、
windows 転送ツールでメール含めほぼ総てのデータも一気に移行出来ます。
しかし、古いPCが起動できない場合、古いPCのHDDをUSB接続し、
新しいPCに吸い出す必要があります。
(実際、PCが壊れてから買い換える人が多いと思うのですけどね...)

古いPCのHDDをマウントしたドライブで、メールのデータは以下にあります。
1) メールのデータ(ディレクトリ)
\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Identities\{GUID}\Microsoft\Outlook Express
2) アドレス帳のデータ
Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Microsoft\Address Book\ユーザー名>.wab

1)と2)を新しいPCのデスクトップ等にコピーします。
まず、windows live メールのメニューから"メッセージのインポート"を選択します。
"インポート元の電子メールの形式を選択してください"で、"Microsoft Outlook Express 6"を選択し、次へ。
1)をコピーしたフォルダを選択します。

次に、windows live メールの左下メニューから"アドレス帳"をクリックし、アドレス帳表示画面にします。
すると上のメニューに"インポート"があるので、その中の"windowsアドレス帳(.WAB)"を選択します。
そして、2)をコピーしたファイルを選択します。

これでOKです。
言うまでもないですが、メール以外にもDesktop, MyDocument, favorite (デスクトップ、マイドキュメント、お気に入り等のデータも新PCにコピーしてあげましょう。

また、新PCではOffice Outlook 2007/2010を使いたい場合、上記を行ってから、下記URLの操作を行ってください。
http://support.microsoft.com/kb/982234/ja

No comments: