Saturday, December 24, 2011

FlickrでiPhone 4が人気カメラ首位独走中


上記グラフは、http://www.flickr.com/cameras/ にあります。
去年から、FlickrでiPhone 4がぶっちぎりで人気一位なのです。
2位から5位の一眼レフを差し置いて。

Flickrは、基本画質にこだわる人が多いサービスです。
その中で、なぜ500万画素しかないiPhone 4がこんなに多いか、ちょっと考えました。

一つの理由は、iPhone 4では手軽に撮れることがあります。
いわゆる"カメラ"ですと、一眼レフはもちろんコンデジでも、撮る人と撮られる人が多少"構える"必要があります。ポーズ撮ったりとか。
その点、携帯電話だとサラっと撮ってしまえます。

例えば、高級料理店で料理に向かってカメラを構えるのは厳しいでしょう。
友人同士の飲み会で、自分だけカメラを取り出すと、「何だ?」となることが多々あります。
そういう場面で、携帯電話のカメラというのは非常に強いです。


もう一つの理由ですが、画像加工だと思います。
iPhone 4は500万画素ですが、標準でHDRを利用することが出来ます。
また、フィルタのアプリケーションも充実しています。
一眼レフや高級コンパクトデジカメが綺麗に撮れるのは当然ですが、
iPhoneはソフトウェアの力で、Flickrレベルの写真を作れるのです。


これらを踏まえると、スマホのカメラで割と戦えるのではないかと。
最近普通のスマホを買えば、500万画素以上のカメラが付いてきます。
当然、画素数以外のカメラ性能は異なりますが...
また、androidでもHDRや各種フィルタのアプリがありますし。
しかし、暗い所〜夜景や、遠景はキツいでしょうね。

No comments: