Sunday, January 01, 2012

ipod nano初代(1st gen)が最新モデル(6th gen)になった

先月、iPod nano (1st generation) 交換プログラムに申し込んで、11/21に回収され、今日受け取りました。
噂通り、最新モデルの第6世代が送られてきました。
そもそも、このプログラム自体謎が多いです。
このプログラムの前にもAppleは、今までにもこのiPod nano初代モデル(以下初代nanoと称す)の対応に追われてきたのですが。

まず、2005年の発売当初からプラスチック素材が非常に傷つき易いことから、
後から専用ケースを付ける事になりました。
正式発表はないものの、素材を強いものに変更してもいたそうです。
また、2008年には、アメリカでの裁判により、初代nanoユーザーに一部返金対応もしています。

発売から、6年経った2011年11月からこのプログラムが始まったわけなのですが、
いくら発火事件があったとはいえ、今までのAppleなら黙殺できたはずです。
ibook、macbook、iphone...バッテリー搭載型の製品では必ず起きている問題なので。
Appleがこのプログラムに対応した理由はおそらく
・調査により、初代nanoでappleの印象が下がった、という結果がでた
・初代nanoの在庫が結構たくさんあった
・交換プログラムを実施しても、全員が応募してこない、という見積もりがあった

しかし、結果としてこのプログラムによって、そのまま初代を受け取った人と、第六世代を受け取った人とに分かれてしまいました。

初代nanoのデザインが好きな人、逆に最新世代に変わったら嬉しい人がいるはずですが、
それと逆を受け取った人が可哀想です。
特に、早期に申し込んで、後者だった人は特に...

参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/IPod_nano

No comments: