Monday, February 13, 2012

Googleの開発現場メモ

プロフェッショナル仕事の流儀 及川卓也さんの回
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0123/index.html
を見ると、Google japanではどういった開発環境...というか機器環境を使っているのかが見えてきます。
他で見たり聞いたりした話を合わせて、適当に書いてみます。

1. デスクトップPC
ディスプレイがDELLの30インチ。
OSはwindows 7でしたので、本体もDELLのXPS等であると予想。
皆お揃いなので、六本木に移った時に一新したのでしょうか。
しかし、GoogleはWindowsを使わない方向性に決めたはず。
windowsマシンを買うにも、CIOの許可が必要だったはずなのですが...

参照:http://www.ft.com/intl/cms/s/2/d2f3f04e-6ccf-11df-91c8-00144feab49a.html#axzz1mGrqJVkI
 “Getting a new Windows machine now requires CIO approval,”

OSXを使っている人もちゃんと居ましたが。
尚当然、ワークステーションとは別に仮想環境、サーバ環境はほぼ無制限に利用することが出来るようです。

2. ノートPC
ノートPCは、Thinkpad, macbook pro, macbook air, chromebookの4種類いずれかのようです。
chromebookについては、Cr-48でした。
撮影時期(夏)には、製品版chromebookは発売になっていたかと思いますが、
google社内では製品版が配布されたのは2011年年末近くだったようです。

3. 机
日本のオフィスらしく、狭い...
個人毎にパーティションがあるわけでなく、普通に横並びです。

4. キーボード
以外と日本語配列の人が多かったのが印象的です。
日本語配列の方(及川さん含め)は、IBM / lenovoのトラックポインタ付キーボードでした。
英語配列(US配列)の方は...
HHKB (Happy Hacking Keyboard)とApple Keyboardが多かったです。
(鵜飼さんは両方使ってました)
Apple Keyboardがこんなに人気とは...
Google日本語入力チームの向井さんはkinesis Advantage USB Contoured Keyboardでした。

5. 携帯電話
Nexus sが配布されているようです。
現在はGalaxy Nexusになっているのでしょう。
まあ、iPhoneユーザーも居るのでしょうけど。

No comments: