Sunday, September 30, 2012

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる[反省編]

たびたび書いていましたが、僕のiPhoneのバッテリーは一日持たないので非常に苦労していました。
iPhone 4sでiOS 6.0。イオンSIM通話付き100kbpsプラン。
iOS6になってから、バッテリー消費が多くなったという話を聞きますが、
僕はiOS 5.1.1の時からもうぜんぜんだめでした。

それはなぜか...
色々検討・実験を繰り返したのですが、どうもメールの受信設定が完全に省エネじゃなかったようです。

iPhoneバッテリーの節約については、Apple直々に以下のようなアドバイスをしています。
http://www.apple.com/jp/batteries/iphone.html
この中の「プッシュメールをオフにする」がちゃんとなっていませんでした。
1. 設定-メール/連絡先/カレンダー-データの取得方法に行き、
   プッシュをオフに。
 フェッチを1時間ごと位に。
2. 設定-メール/連絡先/カレンダー-データの取得方法-詳細設定に行き、
 最初の画像のように、全てを「手動」か「フェッチ」に変更
この、2.が出来ていなかったのです。hotmailはデフォルトpushなんです...

iPhone含めスマホのバッテリーを長持ちさせる方法は、このブログでも書いていますので、
こちらも参考になさってください。
http://nahareport.blogspot.jp/2012/06/blog-post_20.html


ちなみにイオンSIM通話付きを使っているせいではないか、とも疑ったのですが、
通話付きの場合はバッテリー消費が激しい問題はなさそうです。
しかし、100kプランであるためにダウンロードに時間がかかり、結果使用時間が長くなることは十分考えられます。

Tuesday, September 25, 2012

docomo版iPhoneはなぜ無いのか

最近のドコモの会見で、iPhone 5を「なんとか5」と称していました。
http://alfalfalfa.com/archives/5936272.html
これより、ドコモがアイフォーンを発売することはもうない事が、ようやくドコモ側から示されたこととなります。
今までは「やぶさかではない」とか、微妙に期待させる表現を使っていました。

docomoのiPhoneが無い理由...それはまとめると沢山あります。

1. Appleに嫌われている
2010年4月、docomoは「ミニSIM」つまりmicro SIMをiPad用に提供することを発表しました。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100428_364598.html
しかし、iPadは日本だけSIMロックがかけられ、この「ミニSIM」は日本版iPadで使えないようになりました。
これは裏で相当ソフトバンクがAppleにSIMロックを強く要求したとは思いますが、
日本だけSIMロックとなるのですから、嫌われているとしか思えません。
おそらく、それまでdocomo-Apple交渉、または交渉前が酷い状態だったのでしょう。

2. docomo ロゴがいれられない
iPhoneはキャリアロゴを入れる事を許していないようです。
逆にドコモからはキャリアロゴ無しの機種は出た事がありません。
この辺の食い違い。

3. docomoが利益をあげられない
個人的にはこれが一番大きいと思っているのですが、今までのドコモ収益モデルが通用しないことが挙げられます。
docomoの収入は大きく
・通信量
・iメニュー/iコンシェル/Dメニュー/Dコンシェル
の二つがあり、実は二つ目がかなり大きいというのが予想です。
コンテンツ内課金...現代のソーシャルゲームに近い収益モデルを、ドコモはiモード登場当時から続けています。

逆にdocomoの支出を予想してみると
・インフラ整備代(アンテナ設置等)
・各メーカーへの端末開発費援助

iPhoneユーザが多くなると、1つ目の通信量のみが収入となるわけですが、
多分これでは全然足りないのでしょう。
いわゆる純粋な「土管業」には、docomoは戻れなくなっているということだと思います。


このような理由でdocomo版iPhoneは、現在もこれからも無いのだと個人的には思います。


また、別の問題でdocomoはエリアの広さをよく売りにし、それを理由にdocomoな人も多いと思います。
確かに特殊地域(小笠原諸島、富士山山頂)では独占かもしれませんが、
その他地域では逆の所も多いです。
また、近年通信障害や、ユーザー増による通信の低速化も問題となっています。
ドコモ、どうなっちゃうの?

Monday, September 17, 2012

iPhone下取りの謎

ソフトバンクモバイルが、iPhone 4s, iPhone 4を下取りすると発表しました。
個人的には、そんな中古を回収してどうなる?かが疑問です。

実は、アメリカのappleは"Reuse and Recycle"と称して、
中古のiPhoneを割と高額で引き取っているます。
http://store.apple.com/us/browse/reuse_and_recycle

(最大。ベストエフォート)価格を調べるとこんな感じ。
    米apple        ソフトバンク

4s 64GB  $345             12000JPY
4s 32GB  $300             12000JPY
4s 16GB  $255             12000JPY
4  32GB  $155              8000JPY
4  16GB  $140              8000JPY
4   8GB   $125              8000JPY

おそらくは、ソフトバンクモバイルは買い取ったものを上記"Reuse and Recycle"にまわすのでしょう。

さて、もう一つの疑問は...買い取ってどうするのか?
これはtwitterにも書きましたが、保守部品とするのだと思います。
もっと細かく言うと、iPhoneの修理用部品にまわしたり、代替iPhoneに作り替えるのです。
代替iPhoneとは、Apple Storeでまるごと交換したときに変えてもらえる黒い箱に入ったiPhoneです。
「え、他の人が使ったiPhone!キモい!」と反応されるかもしれませんが、
上記"Reuse and Recycle"で実際に使い回されるのは、ロジックボードだけと思います。
表裏のガラスも、バンパーの金属も、バッテリーも新品に交換されると思います。

最後の疑問...ロジックボードしか再利用できないのに、appleは最大$345も払って大丈夫か?という話。
これは大丈夫なのでしょう。
実は中古で買い取ったロジックボードにはある価値があります。
「前のユーザーが長期使っても壊れなかったという事実」です。
電子機器は、製造工程上非常に多くの不良品があり、ユーザーの手に渡ってから不良が発生するものも多く有ります。
だから、$345で買い取っても大丈夫なのです。優秀なロジックボードであることを、前のユーザーさんが証明してくれるのですから。

bobbleで会社での飲料を解決しよう


会社で何か飲みたいなあ、という時どうしてますか?
多くの人が自動販売機でしょうかね。
僕も前はそうだったのですが、一日に飲む量が多いため、結構な出費になっていました。

その対策として、水筒に水を入れて持って行っていました。
リュックなので、重くてどうしようもないというのはなかったのですが、
twitterでも書いた通り、最近頸椎のヘルニアの再発か背中が痛くて仕方がありません。

こりゃあ通勤の荷物をなるべく軽くした方がいいなあ、ということで、
小型のボトル式浄水器具、bobble を購入しました。
この製品は見かけ通り、水を入れてゴクゴクできるようになっていますが、
個人的に口をつけるのは嫌なので、マグカップに注いでから飲んでいます。

浄水部分がカラー展開されており、
ブラック、ピンク、ブルー、グリーン、イエロー、レッドがあります。
150L分使えますので、一日1Lとしても7ヶ月半も使えます(20営業日/月計算)。
浄水部分だけで換えが売っていますが、ボトル付きと値段が変わらない..というか逆に安いので、
ボトル付きで買い替えていったほうがよさそうです。

Tuesday, September 04, 2012

Apple TV 第3世代 3rd gen購入

ちょっと色々ありまして、Apple TV第3世代をゲット。
箱は第2世代と変わらない....
見かけも変わらない...
とりあえずアップデート。

しかしさすがフルHD...暗い映像が綺麗だ...
またA5プロセッサに変わったせいか、動きがキビキビになりました。
もうちょっと使ってみようと思います。