Tuesday, October 28, 2014

Linux Live CDをUSBメモリやSDカードに焼く方法まとめ

最近のPCにはCD/DVDドライブ、いわゆる光学ドライブはついていません。
そこでLinuxをインストールする媒体は、USBメモリか、SDカードを使うのが一般的です。

手順としては、Ubuntu, Debian, Fedora等好きなLive CDをダウンロードしてきて...
USBメモリか、SDカード(microSDの方が流通してますが)に焼きます。

1. Windows上で焼く場合
ツールを使います。
ほぼすべてのディストリビューションで使える、Universal USB Installer
http://www.pendrivelinux.com/universal-usb-installer-easy-as-1-2-3/
Fedora専用のLiveusb Creatorもあります。
https://fedorahosted.org/liveusb-creator/


2. Linux、Mac OSX上で焼く場合
これがなかなか調べても載ってなかったのですが、なんと

単に.isoファイルをddすればよい

のです。
例えばLinuxのLiveCDイメージがlive.iso、SDカードが/dev/sdbだったとすると、
dd if=live.iso of=/dev/sdb
これだけです。めっちゃ簡単ですね...
もちろん、.isoファイルのサイズより大きい容量のUSBメモリかSDカードで行ってください。

No comments: