Tuesday, January 19, 2016

Apple自身はどれ位Swiftを使っているのか

https://medium.com: Is Apple Using Swift in iOS?
https://medium.com/@ryanolsonk/is-apple-using-swift-4a6c80f74599#.a7eorms8f

Ryan Olson氏が、Apple自身がSwiftをどれくらい使っているのか、
という面白い調査結果を書いている。

Apple has been actively evangelizing the use of Swift since it was announced at WWDC in 2014. In the Platforms State of the Union, Andreas Wendker wrapped up the introduction to the new language, saying,

WWDC 2014でアナウンスして以来、Appleは精力的にSwiftの使用を布教している。Platforms State of the Unionで、Andreas Wendkerはこの新しい言語をこう紹介した

So, we are, as you can probably imagine, really, really excited about Swift. We think it’s quickly going to become the programming language of choice for our own code as well as your apps.

あなたが想像できるように、我々はSwiftに対して大変期待している。早期に、あなたのアプリに選んでもらえるようなプログラミング言語になっていくだろう。

Swift has quickly gained popularity among many third party developers, but what about for Apple’s own code? As of iOS 9.2, Calculator.app is the only place in the system that you’ll find any Swift. I expected to find at least a few other apps or frameworks that had incrementally adopted Swift for new code, but that doesn’t appear to be the case for now.

Swiftは急速に、サードパーティー開発者に広まったが、Apple自身のコードではどうだろうか?iOS9.2では、システムの中で計算機アプリだけがSwiftとなっている。少なくとも数個の他のアプリやフレームワークがSwiftに徐々になっていくだろうが、今の所そうはなっていない。

Calculator.app is actually almost “pure Swift” with only 2 of its 22 classes written in Objective-C. Just like third party apps that use Swift, Calculator.app has to bundle the Swift libraries it links to. There are no Swift libraries included with the OS because the ABI is not yet stable.

22個のクラスの内2個のみがobjective-Cである計算機アプリは、ほぼ”ピュアSwift”である。Swiftを使うサードパーティーアプリのように、計算機アプリはSwiftのライブラリにバンドルされなくてはならない。このOS(iOS9.2)にはSwiftライブラリは含まれていない。ABIがまだ不安定だからだ。

Apple also has a few apps that get distributed through the App Store rather than with the OS. What about those? In the same Platforms State of the Union talk that introduced Swift, it was announced that the WWDC app was updating to become the first public app to use the language:

AppleはiOSバンドルよりも少ない数のアプリを、App Store経由で配布している。これはどうか?Swiftが紹介されたのと同じPlatforms State of the Unionで、WWDCアプリがアップデートにより最初のSwiftを使うパブリックアプリとなる、とアナウンスされた。

… this afternoon, we’re updating the WWDC app, the app that you guys are using to get around here at the conference, with a version that uses Swift. So, this language is ready for you to use. It’s real.

...今日の午後、我々はWWDCアプリをアップデートする。このアプリは、このカンファレンスを回るために使うアプリであるが、Swiftを使用している。つまり、この言語はもう使えるのだ。現実に。

While the WWDC app does in fact use Swift, it’s not as much as you might think. Out of 281 classes, only 6 are written in Swift. The Apple Store app is also using Swift for its watch app. That’s about all the production Swift I could find from Apple on iOS.

WWDCアプリが実際にSwiftを使っているとのことだが、あなたが想像する程ではない。このアプリの281クラスの内、たった6クラスがSwiftなのだ。Apple Storeアプリも、watchアプリにSwiftを使用している。これが、iOSでAppleがSwiftを使っている例だ。

The choice to use Swift comes with some tradeoffs, and it appears that Apple has decided it’s generally not worth it for their apps or frameworks yet. However, there could be a very different story building for iOS 10. Since most of iOS is only dropped once per year, we’ll just have to wait and see in June.

Swiftを選択することはトレードオフが伴い、Appleは自分たちのアプリやフレームワークに使う価値はないと判断したようだ。しかし、iOS10では違ったストーリーがありうる。大抵のiOSは年に一度しか発表されないので、我々は6月(WWDC 2016)を待たなくてはならない。

WWDC quotes were taken from the excellent ASCIIwwdc.com

WWDCの引用は、すばらしいサイト http://asciiwwdc.com から行った。

Update: Several people have noted that Dock on OS X has large portions written in Swift. To be clear, this post was focused on iOS and only investigated the frameworks and apps included in iOS 9.2. Apple’s Swift adoption in OS X could be significant, but I haven’t done the research.

アップデート: 何人かが、OSXのDockは大部分がSwiftで描かれていると教えてくれた。明確にしておくと、このポストはiOSにフォーカスし、iOS9.2のフレームワークとアプリを調査したものである。AppleのOSXでのSwift使用は重要であるが、調査していない。

No comments: