Sunday, February 07, 2016

iPadでも(一部で)使えるマウスCitrix X1 mouseレビュー

この製品は「iPadで使えるマウス」として紹介されがちなのですが、
あくまで使えるのは一部用途。
iPad/iPhoneからシトリックス社のXenDesktop、またはXenApp環境でWindowsにリモート接続している場合のみです。

で、僕はその環境が使えるのですが、やはりタッチ操作では作業効率がだださがりです。
そこでCitrix X1 mouseを購入して使ってみました。
残念ながら、使っている画面をお見せすることができないのですが、
フツーにマウスとして使えます。
さすがに、普通のPCに接続しているマウスと比較すると、カーソルが反応するまでに少しタイムラグがありますが、まあ全然便利です。
Citrixの環境は、Citrix Receiverというアプリから接続するのですが、
タップ操作が非常に難しいです。
(1)普通のクリック:クリックしたい場所をタップします
(2)ドラッグアンドドロップ、または範囲選択:始点を約1秒タップしてから、スライドさせます。
 少しでも短いと(1)普通のクリックになり、少しでも長いと(3)右クリックになります。難易度高いです。
(3)右クリック:1秒強タップします

ごらんの通り(2)がとても大変なので、この苦労をしなくていいのが嬉しいのと、
普通のマウスのスクロールができるのでとても作業効率が上がります。
また、このマウス、iPad以外では普通のbluetooth 4.0マウスとして動作します。
「まあ最悪(iPad接続環境がなくなったとき)普通のマウスとして使えるし...」というのが今回の購入の後押しになっております。
(画像:ちょっと小ぶりなマウス)

小ネタなのですが、裏の電源ボタンが「ON」側になっている時実際は電源オフになり、
「OFF」側になっているとき実際は電源オンという謎仕様で、最初は故障と思ってあせりました。
(僕がもっているものの個体差なのかもしれないけど)

これからCitrix X1 mouseの使い方を書こうと思いますが、
その前にCitrix Receiverの初期設定を書いておきます。
この初期設定たぶんどこにも書いてないのですが、初期設定をしないとメニューがなにも出てきません。
/***Citrix receiverの初期設定***/
1. インストールします
https://itunes.apple.com/jp/app/citrix-receiver/id363501921?mt=8
2. デモアカウント作成
アプリを起動しこんな感じの画面が出たら、下の「体験デモ」ボタンをタップ。
名前と(受信できる)メールアドレスを入力して「登録」
3. アカウント設定
上記メールアドレスにデモアカウント用のユーザ名、パスワードが送られてくる。
そしたら、Citrix Receiverの上の「アカウントの追加」ボタンをタップ。
以下情報を入力する
アドレス:https://testdrive.cloud.com
ユーザ名、パスワード:メールで送られてきたもの
こうやって登録すると、ようやくメニューが現れる。

/***Citrix X1 mouseの使い方***/
1. iPad/iPhoneとbluetooth接続する
通常の設定アプリ>Bluetoothを開き、
Citrix X1 mouseの電源をオン、裏のConnectボタンを押す(上部LEDが青く点滅)。
するとbluetooth一覧に「Citrix X1 mouse」が現れるので登録。
2. Receiverアプリで設定
Citrix Receiverの設定>Citrix X1 mouse>Citrix X1 mouseをオンにする

こんな(一部の人にとっては)便利な代物なのですが、
普通に個人が購入するのは難しく、amazon買うのがてっとり早いです。
下記にリンクを置きましたが、値段が1000円程度毎日上下していますので、
お安い時に購入下さい。


参照: https://www.citrix.com/content/dam/citrix/en_us/documents/products-solutions/citrix-x1-mouse-datasheet-jp.pdf

No comments: