Saturday, June 10, 2017

「陽当たりのいい家」はどれ位「いい」のか?電気代比較

昨年引越しをしたのですが、
それまで陽当たり悪く、1階のために湿気もたまりやすい部屋から、
陽当たりが良く、かつ風通しの良い部屋になりました。
引っ越してから大きく変わったのが月々の電気代で、とても安くなったように見えます。
そこで、1年分の電気料金の簡単に比較してみました。
なんかもう、常に下回ってますね。
年間合計金額でいいますと、旧家が118,006円、新家が60,839円で、
日当たりの良い家は年間57,167円お得
ということになります。
実は旧家の電気代は色々な努力(家電の最適化)により下げた後のデータでして、
以前はもっと高かったことを考えると結構お得ですね...
(東京電力 でんき家計簿は上記のようなデータ管理が簡単なのでおすすめ https://www.kakeibo.tepco.co.jp )

ただし引越しにより、賃貸料金が10000円/月アップ(2LDKから3LDKになったため)ですので、合計金額でいうと約6万円増となりました。

話はちょっと変わるのですが、
賃貸で部屋を借りる場合、部屋の賃料だけでなく他の金額にも着目することが大切と思います。
僕は大学時代、都内近郊の家から都内大学の駅に引っ越しました。
家の賃貸料1万円上がったのですが、
・大学までの定期代(1万円/月)がなくなる
・都内なら自転車でいける(電車代 数千円/月かかっていた)
がなくなり、結果お得になりました。
通学時間3分とかになりましたし。

部屋選びは面倒ですが、うまくランニングコスト管理したいところです。