Monday, June 08, 2015

MacOSX Yosemiteネットワーク不安定問題を直す

Mac OSX YosemiteはいいOSなのですが、ネットワークが不安定です。
起動してもなかなか無線LANにつながらない、
あるいは有線LANでもIPアドレスが割り当てられない、
という経験をされている方も多いのではないでしょうか。

これはYosemite 10.10から新しく使われているdiscoverydというプロセスの問題で、
前(Marvericks 10.9)まではmDNSResponderというものが使われていました。
しかしdiscoverydが不安定なためか、次のYosemiteのアップデートでmDNSResponderに戻されるようです。
http://www.macrumors.com/2015/05/26/apple-discoveryd-replaced-with-mdnsresponder/
とはいえ、それを待っている間はつらいので、
自力で先にmDNSResponderに戻してしまいましょう。

これを行うすばらしいスクリプトを作ってくれた方がいますので、これを使います。
https://gist.github.com/dlueth/36a3d5fbbc98a46ac14e

1. 上記サイト右側の「Download Gist」でダウンロード
2.  ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍されます
 (あるいはTerminalアプリで tar zxvf <ファイル名> を実行)
 簡単のため、解凍してできたフォルダ名をgist36a3d5fbbc98a46ac14e-〜から、tempに変更しておきます
3. 以降usage.txtにも書いてありますが、以下をダウンロードします
 https://copy.com/DKXr6KxqL1LrFkpA
 2. で解凍してできたフォルダの中にmDNSResponder.zipを置き、ダブルクリックして解凍してください。
 (あるいはTerminalアプリで unzip  mDNSResponder.zip を実行)
4. Terminalアプリを開き、2.で解凍してできたフォルダにcdコマンドで移動します
 cd ~/Download/temp などと実行します
5. chmod +x mdnsresponder.sh を実行
6. sudo ./mdnsresponder.sh install を実行(パスワード入力が必要です)
7. マシンを再起動

これで安定したネットワーク環境が手に入ります。
次のYosemite 10.10.4アップデートが公開されたときは、10.10.4をインストールする前に、
sudo ./mdnsresponder.sh remove
を実行して、元に戻しましょう。
つまり、上記で作成したtempフォルダは保存しておきましょう。

No comments: