Saturday, January 23, 2016

100円のスタイラスペン(タッチペン)を比較

先日ゲットしたiPad Air2で、
http://nahareport.blogspot.jp/2016/01/ipad-air2.html
Windowsにリモート接続をすることがあります。
その時はさすがに指でマウス操作は厳しいので、スタイラスペン(タッチペンともいう)を買ってきました。
スタイラスペンって数百円〜数千円するのですが、
いきなり初期投資かかってもあれなので、とりあえず100円均一ダイソーで買ってきました。
(実は今までさんざんノベルティでもらったのですが、全部処分してしまっていて買うかはめに..)

スタイラスペンには素材や形のバリエーションがあるのですが、
ダイソーには画像右の金属繊維タイプと、画像左のシリコンゴムタイプがありましたので両方買ってみました。
ネタとしてApple Pencilっぽい白いものを選びつつ...

結果として、シリコンゴムの方が良かったです。
金属繊維の方は、けっこうギュっと筆圧をかけないと反応してくれませんでした。

iPadで絵を書いたりする場合は、もっと細いやつとか、先が筆っぽくなっているやつを使うらしいのですが、
まあ僕の用途ではこれで十分そうです。

Thursday, January 21, 2016

macbookのバッテリーを長持ちさせる3つの設定

Yosemite, El capitanとOSを新しくしていく内に、
だんだんmacbook Airのバッテリー持たなくなってきたな...という方は多いと思います。
僕もそうでして、メインのMacbook Air (2011 mid)は2時間くらいしか持たなくなってきました。

本当にバッテリーが劣化している場合は、
このMacについて>システムレポート>電源
でバッテリーの状態が「正常」ではなくなっているはずです。
が僕のMacbook Airは正常でした。
ということで、設定を工夫してバッテリーを長持ちさせましょう。

(1)ディスプレイの輝度の自動調節を切る
システム環境設定>ディスプレイ>輝度の自動調節
のチェックを外します。

(2)キーボードの輝度の自動調節を切る
システム環境設定>キーボード>環境光が暗い場合にキーボードの輝度を調整
のチェックを外します。

(3)位置情報サービスを切る
システム環境設定>セキュリティとプライバシー>プライバシー>位置情報サービス
位置情報サービスを有効にするのチェックを外します。

この設定だけでかなり違いが実感できるはずです。
おためしあれ。

Tuesday, January 19, 2016

Apple自身はどれ位Swiftを使っているのか

https://medium.com: Is Apple Using Swift in iOS?
https://medium.com/@ryanolsonk/is-apple-using-swift-4a6c80f74599#.a7eorms8f

Ryan Olson氏が、Apple自身がSwiftをどれくらい使っているのか、
という面白い調査結果を書いている。

Apple has been actively evangelizing the use of Swift since it was announced at WWDC in 2014. In the Platforms State of the Union, Andreas Wendker wrapped up the introduction to the new language, saying,

WWDC 2014でアナウンスして以来、Appleは精力的にSwiftの使用を布教している。Platforms State of the Unionで、Andreas Wendkerはこの新しい言語をこう紹介した

So, we are, as you can probably imagine, really, really excited about Swift. We think it’s quickly going to become the programming language of choice for our own code as well as your apps.

あなたが想像できるように、我々はSwiftに対して大変期待している。早期に、あなたのアプリに選んでもらえるようなプログラミング言語になっていくだろう。

Swift has quickly gained popularity among many third party developers, but what about for Apple’s own code? As of iOS 9.2, Calculator.app is the only place in the system that you’ll find any Swift. I expected to find at least a few other apps or frameworks that had incrementally adopted Swift for new code, but that doesn’t appear to be the case for now.

Swiftは急速に、サードパーティー開発者に広まったが、Apple自身のコードではどうだろうか?iOS9.2では、システムの中で計算機アプリだけがSwiftとなっている。少なくとも数個の他のアプリやフレームワークがSwiftに徐々になっていくだろうが、今の所そうはなっていない。

Calculator.app is actually almost “pure Swift” with only 2 of its 22 classes written in Objective-C. Just like third party apps that use Swift, Calculator.app has to bundle the Swift libraries it links to. There are no Swift libraries included with the OS because the ABI is not yet stable.

22個のクラスの内2個のみがobjective-Cである計算機アプリは、ほぼ”ピュアSwift”である。Swiftを使うサードパーティーアプリのように、計算機アプリはSwiftのライブラリにバンドルされなくてはならない。このOS(iOS9.2)にはSwiftライブラリは含まれていない。ABIがまだ不安定だからだ。

Apple also has a few apps that get distributed through the App Store rather than with the OS. What about those? In the same Platforms State of the Union talk that introduced Swift, it was announced that the WWDC app was updating to become the first public app to use the language:

AppleはiOSバンドルよりも少ない数のアプリを、App Store経由で配布している。これはどうか?Swiftが紹介されたのと同じPlatforms State of the Unionで、WWDCアプリがアップデートにより最初のSwiftを使うパブリックアプリとなる、とアナウンスされた。

… this afternoon, we’re updating the WWDC app, the app that you guys are using to get around here at the conference, with a version that uses Swift. So, this language is ready for you to use. It’s real.

...今日の午後、我々はWWDCアプリをアップデートする。このアプリは、このカンファレンスを回るために使うアプリであるが、Swiftを使用している。つまり、この言語はもう使えるのだ。現実に。

While the WWDC app does in fact use Swift, it’s not as much as you might think. Out of 281 classes, only 6 are written in Swift. The Apple Store app is also using Swift for its watch app. That’s about all the production Swift I could find from Apple on iOS.

WWDCアプリが実際にSwiftを使っているとのことだが、あなたが想像する程ではない。このアプリの281クラスの内、たった6クラスがSwiftなのだ。Apple Storeアプリも、watchアプリにSwiftを使用している。これが、iOSでAppleがSwiftを使っている例だ。

The choice to use Swift comes with some tradeoffs, and it appears that Apple has decided it’s generally not worth it for their apps or frameworks yet. However, there could be a very different story building for iOS 10. Since most of iOS is only dropped once per year, we’ll just have to wait and see in June.

Swiftを選択することはトレードオフが伴い、Appleは自分たちのアプリやフレームワークに使う価値はないと判断したようだ。しかし、iOS10では違ったストーリーがありうる。大抵のiOSは年に一度しか発表されないので、我々は6月(WWDC 2016)を待たなくてはならない。

WWDC quotes were taken from the excellent ASCIIwwdc.com

WWDCの引用は、すばらしいサイト http://asciiwwdc.com から行った。

Update: Several people have noted that Dock on OS X has large portions written in Swift. To be clear, this post was focused on iOS and only investigated the frameworks and apps included in iOS 9.2. Apple’s Swift adoption in OS X could be significant, but I haven’t done the research.

アップデート: 何人かが、OSXのDockは大部分がSwiftで描かれていると教えてくれた。明確にしておくと、このポストはiOSにフォーカスし、iOS9.2のフレームワークとアプリを調査したものである。AppleのOSXでのSwift使用は重要であるが、調査していない。

Sunday, January 17, 2016

paul graham: 人生は短い

paul graham: Life is Short
http://paulgraham.com/vb.html

Life is short, as everyone knows. When I was a kid I used to wonder about this. Is life actually short, or are we really complaining about its finiteness? Would we be just as likely to feel life was short if we lived 10 times as long?

皆知っているように、人生は短い。私は子供の時、これについて考えた。人生が実際に短いのなら、我々は本当にその有限性を不満に思っているのだろうか?もし10倍の長さがあっても、我々は短さを感じるのではないのだろうか?

Since there didn't seem any way to answer this question, I stopped wondering about it. Then I had kids. That gave me a way to answer the question, and the answer is that life actually is short.

この疑問に答える方法がなさそうなので、これを考えるのはやめた。そして、私は子供持った。これは、この疑問に対する方法を与えてくれた。そして答えとしては、人生は実際に短いのだ。

Having kids showed me how to convert a continuous quantity, time, into discrete quantities. You only get 52 weekends with your 2 year old. If Christmas-as-magic lasts from say ages 3 to 10, you only get to watch your child experience it 8 times. And while it's impossible to say what is a lot or a little of a continuous quantity like time, 8 is not a lot of something. If you had a handful of 8 peanuts, or a shelf of 8 books to choose from, the quantity would definitely seem limited, no matter what your lifespan was.

子供を持ったことで、連続値である時間が、離散値に変換されることが見えた。2歳の子供とは52回しか週末を過ごすことができない。もし「クリスマスの魔法」が3歳から10歳の間であれば、その子供の体験を8回しか見ることができない。そして時間のような連続値が多かろうと少なかろうと、8回は決して多くない。あなたの余命がどうであれ、もしあなたが一握りの8個のピーナッツ、または8冊の本を選ぶとき、その量は確かに限られていると言える。

Ok, so life actually is short. Does it make any difference to know that?

わかった。人生は短い。それが分かったことで何が違うのか?

It has for me. It means arguments of the form "Life is too short for x" have great force. It's not just a figure of speech to say that life is too short for something. It's not just a synonym for annoying. If you find yourself thinking that life is too short for something, you should try to eliminate it if you can.

私は違いがあった。これは、「xをするためには人生は短すぎる」というフォームが強力であるということである。これは単に、何かのためには人生が短すぎる、と言いたいスピーチではない。いやみでもない。もし、あなたが何かのためには人生が短すぎると考えた場合、どれくらいまでができるのが見積もるべきなのだ。

When I ask myself what I've found life is too short for, the word that pops into my head is "bullshit." I realize that answer is somewhat tautological. It's almost the definition of bullshit that it's the stuff that life is too short for. And yet bullshit does have a distinctive character. There's something fake about it. It's the junk food of experience. [1]

私は、人生をかけても終わらないのは何かを自問したとき、頭のなかに浮かんできた言葉は「デタラメ」である。この答えが冗長であることななんとなくわかった。デタラメの定義はほとんど、人生をかけても終わらない資質だった。そしてデタラメは独特の特徴を持っていない。これに関してはなにか偽物がある。これは経験のジャンクフードだ。

If you ask yourself what you spend your time on that's bullshit, you probably already know the answer. Unnecessary meetings, pointless disputes, bureaucracy, posturing, dealing with other people's mistakes, traffic jams, addictive but unrewarding pastimes.

もしあなたがデタラメに時間を費やしているものは何かを自問すると、すでにその答えを知っているはずだ。不要な会議、ポイントの外れた論争、官僚政治、態度、他人のミスの対応、交通渋滞、中毒性があるがやりがいのない娯楽。

There are two ways this kind of thing gets into your life: it's either forced on you or it tricks you. To some extent you have to put up with the bullshit forced on you by circumstances. You need to make money, and making money consists mostly of errands. Indeed, the law of supply and demand insures that: the more rewarding some kind of work is, the cheaper people will do it. It may be that less bullshit is forced on you than you think, though. There has always been a stream of people who opt out of the default grind and go live somewhere where opportunities are fewer in the conventional sense, but life feels more authentic. This could become more common.

ここに、人生に生かせる2つの道がある。あなたを強制したり、騙すものではない。一つ目は、状況によって、デタラメに我慢しなければいけない範囲である。あなたは稼ぐ必要があり、ほどんど人に使われることで稼ぐ。実は、需要と供給の法則はこれを保障している: やりがいがある仕事ほど、安い賃金の人々がやるのだ。デタラメでないことは、あなたが思っているより多くを強いることである。通常の業務から離脱し、従来のセンスがほとんど使えない機会に身を置く人が常に居るが、これは人生を本物に思わせてくれる。これでもっと「普通」になれるのだ。

You can do it on a smaller scale without moving. The amount of time you have to spend on bullshit varies between employers. Most large organizations (and many small ones) are steeped in it. But if you consciously prioritize bullshit avoidance over other factors like money and prestige, you can probably find employers that will waste less of your time.

動くことなく、もっと小さなスケールでできることがある。あなたがデタラメに費やさなければいけない時間は、社員ごとに異なる。大抵の大きな組織(そして多くの小さな組織)は、これに満ちている。しかしもしあなたが、金や名声という要素を超えて、意識的にデタラメの優先順位つけると、あなたよりデタラメに時間を費やす時間が短い人を見つけられるだろう。

If you're a freelancer or a small company, you can do this at the level of individual customers. If you fire or avoid toxic customers, you can decrease the amount of bullshit in your life by more than you decrease your income.

もしあなたがフリーランサー、または小さな会社で働いている場合、個々の顧客のレベルでこれをすることができる。もし面倒な顧客を切ったり、避ければ、収入の減りよりも多くの人生のデタラメを減らすことができる。

But while some amount of bullshit is inevitably forced on you, the bullshit that sneaks into your life by tricking you is no one's fault but your own. And yet the bullshit you choose may be harder to eliminate than the bullshit that's forced on you. Things that lure you into wasting your time on them have to be really good at tricking you. An example that will be familiar to a lot of people is arguing online. When someone contradicts you, they're in a sense attacking you. Sometimes pretty overtly. Your instinct when attacked is to defend yourself. But like a lot of instincts, this one wasn't designed for the world we now live in. Counterintuitive as it feels, it's better most of the time not to defend yourself. Otherwise these people are literally taking your life. [2]

しかしデタラメの量が必然的である場合、他人のミスではなくあなたのミスといった方法で、デタラメはあなたの人生に入ってくる。しかもデタラメは、どれ位の労力がかかるか見積るのが困難である。あなたの時間をこれらに浪費するよう誘い込むトリックは本当によくできている。有名な例が、大人数がオンラインで議論することである。誰かがあなたを否定すると、彼らはあなたを攻撃するようになる。特にはこれが公然と行われる。攻撃されたときの本能は、防御である。直感に反するが、防御しないほうが賢明である。そうでなければ彼らは文字通り、あなたの人生を奪ってしまう。

Arguing online is only incidentally addictive. There are more dangerous things than that. As I've written before, one byproduct of technical progress is that things we like tend to become more addictive. Which means we will increasingly have to make a conscious effort to avoid addictions—to stand outside ourselves and ask "is this how I want to be spending my time?"

オンラインの議論は単に中毒性である。これより危険なものがある。私が間に書いたように、技術的過程においての副産物は、もっと中毒的になりやすいものである。つまり、我々はもっと中毒性を避ける努力を継続的に続け、「これは自分の時間を費やしたいものなのか?」と問うべきだ。

As well as avoiding bullshit one should actively seek out things that matter. But different things matter to different people, and most have to learn what matters to them. A few are lucky and realize early on that they love math or taking care of animals or writing, and then figure out a way to spend a lot of time doing it. But most people start out with a life that's a mix of things that matter and things that don't, and only gradually learn to distinguish between them.

デタラメを避けるのと同様、大切なものを探し求めるべきだ。しかし、何が大切かは人によって異なるため、彼らにとって何が大切かを学ばなくてはならない。一部の人はラッキーなことに、早期に数学が好きなこと、動物の世話をすること、書くことを実感し、これらの多くの時間を費やす方法を見つけている。しかし多くの人々は、大切なことと、そうでないことが混ざった人生からスタートする。そして大切なことと、そうでないことの識別を徐々に学んでいくしかない。

For the young especially, much of this confusion is induced by the artificial situations they find themselves in. In middle school and high school, what the other kids think of you seems the most important thing in the world. But when you ask adults what they got wrong at that age, nearly all say they cared too much what other kids thought of them.

若い人は特に、不自然な状況よって混乱しやすい。中学高校では、他の生徒があなたのことをどう思っているかが、世界で一番大切だからだ。しかし大人に若いときの失敗を聞くと、大抵他の人にどう思われているかを気にしすぎた、と答える。

One heuristic for distinguishing stuff that matters is to ask yourself whether you'll care about it in the future. Fake stuff that matters usually has a sharp peak of seeming to matter. That's how it tricks you. The area under the curve is small, but its shape jabs into your consciousness like a pin.

大切なことを見極める一つの方法は、将来それが気になるかどうかだ。偽物は普通、大切に見えるピークがあるものだ。これがあなたをだます。カーブの下のエリアは小さいが、あなたの意識をピンのように刺してくる。

The things that matter aren't necessarily the ones people would call "important." Having coffee with a friend matters. You won't feel later like that was a waste of time.

大切なことは人々が言う「重要」と同じである必要はない。友達とコーヒーを飲むのは大切だ。これを時間の浪費とは考えないはずだ。

One great thing about having small children is that they make you spend time on things that matter: them. They grab your sleeve as you're staring at your phone and say "will you play with me?" And odds are that is in fact the bullshit-minimizing option.

小さな子供を持ったことで素晴らしいのは、大切なものに時間を使うようになることだ: もちろん子供たちだ。電話をいじろうとするあなたの袖を掴み、「遊んでよ?」と言う。これはデタラメを最小化するオプションである。

If life is short, we should expect its shortness to take us by surprise. And that is just what tends to happen. You take things for granted, and then they're gone. You think you can always write that book, or climb that mountain, or whatever, and then you realize the window has closed. The saddest windows close when other people die. Their lives are short too. After my mother died, I wished I'd spent more time with her. I lived as if she'd always be there. And in her typical quiet way she encouraged that illusion. But an illusion it was. I think a lot of people make the same mistake I did.

もし人生が短いのであれば、我々はその短さを見積もって不意打ちをくらう。これはありがちである。あなたはこれ(人生)を当たり前だと思っているが、いずれはどこかに行ってしまう。あなたはいつも、本を書いたり、山を登ったり等できる、そしてその窓が閉じたことを実感するのだ。もっとも悲しい窓の閉じは、他の人が亡くなった時だ。かれらの人生も短かった。私の母が亡くなった後、私はもっと彼女と時間を過ごせばよかったと思った。彼女がいつも側にいるかのように、私は生きている。そして彼女の典型的で静かな方法で、その幻想を強めてくる。しかしこれは幻想なのだ。多くの人々が私と同じようなミスをしていると思う。

The usual way to avoid being taken by surprise by something is to be consciously aware of it. Back when life was more precarious, people used to be aware of death to a degree that would now seem a bit morbid. I'm not sure why, but it doesn't seem the right answer to be constantly reminding oneself of the grim reaper hovering at everyone's shoulder. Perhaps a better solution is to look at the problem from the other end. Cultivate a habit of impatience about the things you most want to do. Don't wait before climbing that mountain or writing that book or visiting your mother. You don't need to be constantly reminding yourself why you shouldn't wait. Just don't wait.

何かによって不意打ちをくらうことを避ける方法は、それを常に意識することだ。昔人生がもっと不安定だった頃、現代ではちょっとした病気でも、人々は死の度合いを意識したものだ。なぜかはわからないが、死神が皆の肩の後ろにいることを常に意識することは、正しい答えではないように思える。たぶんもっと良い解決策は、他の末端から問題を見てみることだ。あなたがしたいことに対する切望を養おう。山を登ったり、本を書いたり、母を訪ねたりする前に待ってはいけない。なぜ待つべきではないか、を常に思い出す必要なない。単に「すぐやれ」。

I can think of two more things one does when one doesn't have much of something: try to get more of it, and savor what one has. Both make sense here.

人々が多くを持っていない時、人々がすべきことで2〜3個思い当たることがある: それより多くのものを得ようとせよ、そしてそれをかみしめよ。

How you live affects how long you live. Most people could do better. Me among them.

どのように生きるかは、人生の長さに影響する。多くの人はもっとうまくできるはずだ。私も含めて。

But you can probably get even more effect by paying closer attention to the time you have. It's easy to let the days rush by. The "flow" that imaginative people love so much has a darker cousin that prevents you from pausing to savor life amid the daily slurry of errands and alarms. One of the most striking things I've read was not in a book, but the title of one: James Salter's Burning the Days.

自分が持っている時間にもっと注意を払えば、あなたはもっと効率的にできるはずだ。日々を忙しく過ごすのは簡単だ。創造性豊かな一日とば、人に使われることや時間の制限にまみれた日常から引き離してくれる、謎めいた仲間を持つことを愛する。もっとも顕著なものは、James Salter の Burning the Days に書いてある。

It is possible to slow time somewhat. I've gotten better at it. Kids help. When you have small children, there are a lot of moments so perfect that you can't help noticing.

なんとかして時間を遅くすることは可能だ。これは良い方法がある。子供が助けてくれる。あなたに小さな子供がいる時、気付かざるを得ない完璧な時間が多くある。

It does help too to feel that you've squeezed everything out of some experience. The reason I'm sad about my mother is not just that I miss her but that I think of all the things we could have done that we didn't. My oldest son will be 7 soon. And while I miss the 3 year old version of him, I at least don't have any regrets over what might have been. We had the best time a daddy and a 3 year old ever had.

これは、あなたの経験から全てを絞り出す助けにはならない。その理由は、私の母への悲しみは、会えないことが悲しいだけでなく、我々ができるはずだったことがでなかったということだ。私の長男はもうすぐ7歳になる。3歳の頃の彼が愛おしいが、少なくとも後悔はない。我々は、父として3歳と最高の時間を過ごした。

Relentlessly prune bullshit, don't wait to do things that matter, and savor the time you have. That's what you do when life is short.

デタラメは容赦なく切り捨てよ、大切なことはすぐやれ、好きな時間をかみしめろ。人生は短いから、これをしよう。

Monday, January 11, 2016

iPad Air2入手と、軽さに拘ったキーボードカバー選び

iPad Air2がやってきました。
iPad Air2のレビューについては書き尽くされていると思いますので、
ウチにあるiPad (第四世代)と比較してみます。
画面の大きさは同じ。縦はほぼ同じですが...
横幅はこれだけ違います。

さて、都合上ケースとキーボードが必要なので、色々と探してみました。
ケースとキーボードが分離しているものより、一体のやつがいいなあ...持ち歩くし。
と色々見ていたのですが、
どれも「重い」
人気製品を見てみましょう。

LOGICOOL キーボード⼀体型保護ケース for iPad Air 2 ブラック iK1051BK
430g

Anker Backlit Bluetooth キーボードケース iPad Air 2用 (1回の充電で5ヶ月連続使用可能、7色のバックライトモード) A7751011
640g

iPad Air 2本体の重さが約440gなので、これじゃ2台持っているのと同じになってしまいます。
(ちなみに、ケースとキーボード分離の場合でも、
ケースが200g程度、キーボードもどんなに軽くても200gはありますので、一体型と変わりません)

そこでとにかく軽さにこだわって見つけたのがBookeyという製品です。
色的にiPad Pro用のキーボードに見えないこともないですね。
重さは251g(実測)。
とても薄いです。右手に見えるmicroUSBポートで充電し、連続最大50時間まで使えるとのこと。
これは他の機種と比較して短めで、
同様に軽さと引き換えに色々と犠牲にしているところがあります。
たとえばキーボード。
決してタイピングしやすいとは言えません。
まだ慣れてないってのもありますが。
あと、iPadへの装着は「両面テープでの接着」になります。
僕はつけっぱなしでいいので困りませんが、たまに外したい人には痛手でしょうね。
非サポートではありますが、TPUのケースに接着する手もあるようです(それじゃ売りの軽さが台無しな気が...)
さすがは軽さが武器の製品。
装着した総重量は695gまで抑えられます。
上記で比較したiPad(第4世代)の重さが652gですから、まあまあではないでしょうか。

Saturday, January 02, 2016

年末年始には、テレビを点けないライフハック


今回の年末年始、奥さんと子供は奥さんの実家に行っているので一人暮らし状態です。
貴重な自由期間なので、有意義に過ごしたいものです。
そこで今回はタイトル通り「テレビを点けない」ことにしました。

実は昨年末も同じ状況だったのですが、
テレビ見たり、テレビが面白くない時は水曜どうでしょうのDVD見たりしていたのですが、
まっっっっっっっったく何もしないうちに年末年始休暇が終わってしまいました。
これはマズイと思ったわけです。

で、今回はテレビを点けず、本読んだり調べものをして過ごしていますが、
これもなかなか集中力が続きません。
スタバとか行けば集中できるのですが、丸一日居るわけにはいきません。
そこで2個目のライフハック...擬似スタバ環境を作ります。
まず、インターネットでスターバックスのBGMに使われている曲を探します。
こういう感じで。
http://matome.naver.jp/odai/2139354597574158001
で、その曲を購入して、独自のアルバム(タイトルはもちろん"starbucks")を作ります。
これを音量小さめで流し、かつ部屋の電灯やスタンドライトを電球色に変えます。
もちろん、コーヒーは美味しいやつを淹れましょう。
これだけでも割と集中できるから不思議です。

さて、年末年始休暇も大詰めです。
明日は何をしようかな。