Monday, November 02, 2009

Skypeがオープンソースへ

LinuxCrunch:Skype will be Open Source
By Zayed

Skype(人気のネットチャットソフト)がオープンソースライセンスの下でリリースされようとしている.
この話はOlivier FAURAXがSkypeのMandrivaバージョンについて,Skypeに訪ねたメールから始まった.
カスタマーサポートと少しチャットした後,このような回答が来たというのだ.
「我々は多くのユーザーがMandrivaがないことが不満なのは知っています.

Skype (the famous Voice-Over-IP communication program) will be release under an open source license. The story started when Olivier FAURAX sent an email requesting Mandriva version of Skype. After a little chat with customer support , he got this replay “ We understand that many users complain that there is no Mandriva version at present.

ですから,Skypeがオープンソースコミュニティの一員となるのをお伝えできる事を嬉しく思います.

We are happy to be able to inform you that Skype will from now on be part of the open source community.

これでLinux開発者がLinux版Skypeの開発に携わることができるようになります.
更には,各ディストリビューション専用のバージョンもできることでしょう」

Therefore Linux developers will be enabled to influence the development of the Skype client for Linux - which will most certainly result in specific versions for the different distributions.”

この動きによって,GNU/LinuxディストリビューションでSkypeは最高のコミュニケーションツールとなるだろう.

This step will boost adapting Skype as the best communication program in GNU/Linux distributions.

No comments: