Sunday, August 29, 2010

インターネットの進化-マウスからマルチタッチへ

the next web: The Internet’s fundamental shift isn’t browser to apps, it’s mouse to multi-touch

By Chad Catacchio

多くの知識人たちが、今日、Chris AndersonのWiredの記事“The Web Is Dead. Long Live the Internet“に反応した。
それはNew York Times, GigaOm, BoingBoingだ。

A lot of very smart people today have been responding to Chris Anderson’s Wired article entitled, “The Web Is Dead. Long Live the Internet“, including the New York Times, GigaOm, and BoingBoing among other publications.

この記事は主に、どれくらいモバイルアプリが自然なwebプロトコルの拡張なのか、
そしてwebとwebブラウザはインターネットでまだ巨大な地位であることについて書く。
("モバイル"の共通認識を正確に言える人はいないが)

The response has mainly focused on how mobile apps (though no one is really saying “mobile” that’s what everyone means) are simply natural extensions of Web protocols, and that the Web and the Web browser still have a huge place on the Internet. Agreed.

しかし、ブラウザからモバイルアプリへのシフトはとてもあいまいで、
実際にモバイルアプリがマルチタッチとして登場してからどれほどの数が使われているかもわからない。

However, the browser to mobile apps shift seems much more murky than what is really behind the popularity of mobile apps in the first place: multi-touch.

また、もちろんAppleがこのシフトを先導していると考えている。
iPhoneとそのOS(iOS)はスマートフォンを発展させただけでなく、
インターネットとのインタラクションの方法も根本的にシフトさせた。
デベロッパにとって、webサイトよりモバイルアプリを作る理由は多くあるが、
その核となる違いはマルチタッチだ。

Either way, of course, we have Apple to thank for this shift. The iPhone and its OS (now iOS) not only brought on the age of the smartphone, but also fundamentally shifted the way we interact with the Internet. There are many reasons for developers to build mobile apps over building a website, but the core difference is multi-touch.

おそらく、モバイルアプリがマルチタッチと同意とされているが、
どちらの現象も同時に起こったものだ。
しかしこれは単にアーキテクチャの違いからであり、そうならなければいけなかったわけではない。
例えば、モバイルアプリが我々の指で使いやすいように作られ、
webサイトはそうではなく、マウスで使うように作られている。
この構造も変わっていくだろう。

Maybe because both phenomenons happened at the same time, mobile apps have become synonymous with multi-touch, but that’s simply because of the architecture, not because it has to be that way. As such, right now mobile apps are built for us to use our fingers – websites, certainly not so much – they are built for using a mouse. But this will change.

マルチタッチOS
(現在はモバイルOSしか存在しない。しかし、完全にマルチタッチのOSも出てくる予定だ)
はマルチタッチのブラウザを備え、webサイトを指先で操作できるようにする。
一応小さな目標ではなく、もうすぐ(2013年くらい?)に登場する予定だ。

Multi-touch operating systems (right now we really only have mobile operating systems, but fully functional multi-touch operating systems are coming) that incorporate multi-touch browsers that serve up websites designed for fingers, not little arrows, will soon (2013 maybe?) be the norm.

もちろん、マウスベースOSとwebサイトはまだ生き残るだろう。
(キーボードも同じく)
しかしコンピューティングはマルチタッチに向かっており、
これはwebも同じ方向に行くということだ。
そうなったとき、このブラウザとアプリの議論は、新しいOSとブラウザの登場によって忘れ去られるだろう。
我々が今日スマートフォンやタブレットで使っているモバイルアプリは、
ブラウザのブックマークのような存在になるだろう。
そして情報は、欲しい時に即プッシュ通知されるようになるだろう。
(Andersonはこの部分はとても正しいと認めてくれた )

Yes, mouse-based operating systems and websites will hang around for awhile (as will keyboards) but computing is moving towards multi-touch and that means that the Web will move that way too. When it does, this browser versus app debate will most likely be forgotten as a new kind of OS and browser takes over computing, one where the mobile apps we have on smartphones and tablets today will act more like bookmarks do in current browsers, and were information is pushed to us at the speed we want it pushed (Anderson did get this part of the story completely correct, btw).

webは死んではいない。ただ10本指の怪物になろうとしているだけだ。

The Web isn’t dead – it’s just becoming a ten-fingered beast.

No comments: