Sunday, January 02, 2011

zune softwareとiTunesを比較

windowsがiPhoneやiPodの母艦でない場合、
iTunesを入れるかどうかちょっと悩みませんか?

僕はiTunesを入れてました。
windows media playerというものが昔からあるのですが、
使い方がいまいちわからないのが難点なので...

よくよく考えると、microsoftのZune/windows phone用のzune software
なる、iTunes的なソフトがあることに気が付いて、試してみることに。
尚、僕のwindowsは英語環境ですが、日本語環境でもちゃんと使えます。

起動するとこんな感じです。
quickviewという...ライブラリのダイジェスト?が表示されます。

先に、settingを見てみます。
画面上のsettingをクリック。
これを見るとわかるように、My Music等のフォルダをそのまま参照しています。
iTunesと違って、独自ライブラリを作ったりしないんですね。
My Podcastフォルダは作成されましたが。

左上丸矢印で、settingから出れます。
次はcollection。iTunesでいうlibraryですね。

次はmarketplace。iTunes storeにあたるところ。

次にdisc。CDの読みこみの画面ですね。
読み込み速度はiTunesとほとんど変わらない印象です。
尚、settingでCD RIPの設定があるのですが、
audio qualityで、なんと320Kbpsが設定できます。
(iTunesは256Kbpsが最高)AACとMP3の違いがあるとは言え...これは良いですね。
また、CDを入れると同時に、
アルバムアートと曲名を探して来てくれます。

好みは人それぞれと思いますが、なかなか使いやすいソフトと思います。

No comments: