Friday, November 27, 2015

長時間の飛行機をなんとか快適にする方法あれこれ

飛行機によく乗る方には釈迦に説法とは思いますが、
自分なりに長時間のフライトをなるべく快適に過ごす方法がまとまってきたので書いてみます。
大半僕の独断なのであんまり参考にならないかも...

/***普段から注意すること***/
・インターネットで暇つぶしする癖をやめる
航空機に乗ったら基本インターネット接続はできません。
最近はWifiサービスもありますが...
そもそもSNS等のネットワークに繋がってないと不安になってしまう体質を直すべき。
・大切なものはローカル(オフライン)に持っておく
インターネットがない状態で「あれなんだっけ?」と調べることはできません。
災害に備える意味でも、普段から大切なデータはローカルアクセスできるようにしておきましょう

/***乗る前の準備***/
・持ち込み荷物はなるべく少なく
座席の足元に置けるサイズがベスト。
足元にあれば税関申告書を書くときにひょいひょいとボールペンが出せます。
・ネックピロー/耳栓/アイマスク/スリッパ/マスクは本当に必要?
機内持ち込みグッズの定番ですが、使ったことないです...
特にマスクなんかしているの日本人だけですよ
・羽織るものや上着を持ち込む
機内は基本寒いので持って行った方がいいです。
できればたたんで小さくなるタイプ。
・kindleに本を買っておく
自分の読書量に合わせて買っておきます。
積ん読があればそれを消化しましょう。
文庫サイズであれば紙の本もいいかもですね


/***乗ってから***/
・寝よう
日付変更線を越える場合は特にですが、頑張って寝ましょう。
そもそも空港に行くだけで疲れていますし、あっちに着いてからも移動が続きます。
到着地についてから夜寝れないことを懸念して、
フライトでは寝ない主義の人も多いのですが、どちらにせよ夜寝れないのでフライトで寝ときましょう(笑)
・機内シアターは我慢しよう
機内の映画が楽しみかもしれませんが、
あの明るい画面は睡眠を妨げるのでできれば避けたいところです。
映画好きなのであれば見てすごすのもいいかもしれませんが。
・水しか飲まない
飲み物、選べますけど水にしています。


/***おまけ-席が窓側だったら***/
席が窓側だったとき、トイレに行くのが面倒になります。
American Airlineでcenter-centerだったときも一緒ですね。
つまり通路から3番目なので、2人に立ってもらわないと通路に出れないわけです。
作戦としては、
・隣の人(通路から2番目)がトイレに行くときに一緒にいく
・通路側の人がトイレに行くときに一緒にいく
があります。
でも一番大切なのは、トイレのために立ってもらうことに気を使いすぎないことですかね。

では...bon voyage!

No comments: