Friday, July 11, 2008

最もスパムが蔓延しているのは、スイス

TGdairy:The most spammed country in the world? Switzerland.
Security
By Wolfgang Gruener
Wednesday, July 09, 2008 14:57

シカゴより
あなたもおそらく、毎日メールアカウントに届く大量のスパムメールに不満を抱いているだろう。
しかし、驚くことにU.S.はスパム送信者に一番狙われている国ではないのだ。
本日の報告によると、スイスのユーザは、世界平均より10%多くスパムを受け取っている。
U.S.より23%も多い。

Chicago (IL) – You may be complaining about the number of spam emails finding their way to your email account every day, but it may come as a surprise to you that the U.S. is actually not the most targeted country by spammers: According to a report released to today, Swiss users receive 10% more of spam than the average Internet user – and 23% more than U.S. users.

もし、MessageLabsの報告が正しいならば、
世界的に発信されるスパムの数は少しずつ増えている。
6月に送信された全メールの76.5%がスパムであり、
この半年での世界平均は74.5%だ。
しかし、異なった国や産業に送られるスパムには、大きな違いがある。

If we believe the numbers released by MessageLabs, then we are on a slight upward curve of spam that is sent globally. 76.5% of all emails in June were found to be spam by the security firm, while the global average over the past six months was 74.5%. However, there is a huge difference in spam that is sent to different countries and industries.

MessageLabによると、スイスのメールの84.8%がスパムで、
このカテゴリでトップだった香港(82.6%)を超えている。
トップ5はあと、フランス(82.1%)、イスラエル(801%)、オーストリア(79.6%)だ。
U.S.のシェアは68.8%、カナダが77.8%、UKが74.3%だ。

MessageLabs said that 84.8% of emails in Switzerland were spam, surpassing the traditional leader in this category, Hong Kong (82.6%). The top 5 is rounded out by France (82.1%), Israel (80.1%) and Austria (79.6%). The share in the U.S. was 68.8%, Canada’s 77.8% and UK’s 74.3%.

メーカは明らかにスパム送信者に狙われている。(82.9%)、
続いて教育機関(80.4%)、小売店(80.1%)だ。
金融は71.5%のシェアだ。

Manufacturing is apparently the most targeted by spammers (82.9%), followed by education (80.4%) and retail (80.1%). The financial sector’s share was at just 71.5%.

MessageLabsの報告によると、
平均して133.9通のメールに1つのウイルスがおり、
277.2通の内、1通がフィッシングだという。

MessageLabs also found virus distribution rebounding to one virus in 133.9 emails and the phishing was flat at 1 in 277.2 cases.

No comments: